ケアプラン(居宅介護サービス計画書)の作成

ケアプラン(居宅介護サービス計画書)の作成

ケアプラン(居宅介護サービス計画書)は利用者本人が作ることも可能ですが、一般的には地域包括支援センターケアマネージャーに依頼して作成してもらいます。

ケアプラン(居宅介護サービス計画書)とは、これから行う介護保険サービスの内容を、いつ、どれだけ利用するか等を計画します。要支援者の場合は介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)といいますが、要支援者の場合はケアマネージャーではなく地域包括支援センター介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)を作成します。

要介護の認定を受けると、ケアプラン(居宅介護サービス計画書)を作成する必要が出てきますので、要介護者やその家族と相談しながら、どのような介護保険サービスを必要としているのかを分析して、一人一人の利用者に合わせたケアプラン(居宅介護サービス計画書)を作成します。

【ケアマネージャーが作成する場合】

利用者や家族との面談を行い、希望などを聞いて利用者が何を必要としているのか、何が困っているのかを把握します。その後、仮のケアプラン(居宅介護サービス計画書)を作成し、サービス事業者(デイサービス(通所介護))と連絡調整します。

利用者・家族を含めてサービス内容について話し合いをして、ケアプラン(居宅介護サービス計画書)の完成後、利用者・家族に確認を行います。確認後、納得がいった上でデイサービス(通所介護)提供されます。

紙 メモ


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら!(今なら無料相談実地中!)

下記のメールフォームに必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。

【注意!】携帯電話のメールアドレスをご記入の場合、パソコンからのメールの受信を拒否しない設定にしておいて下さい。

必須▼お名前

必須▼メールアドレス

任意▼電話番号(電話連絡ご希望の場合はご入力ください)

任意▼地域(大まかな所在地)

任意▼お問い合わせ種別

任意▼許可事業を開始する希望時期(許可申請の場合)

任意▼このホームページを知ったきっかけ

必須▼お問い合わせ内容

サブコンテンツ

このページの先頭へ