看護職員

看護職員

【通所介護の単位ごとに1名以上】が必要です。

●看護職員とは看護師・准看護師の資格を持っている者のことです。

提供を行う時間帯を通じて専従する必要はないですが、密接かつ適切な連携を図るものとします。

《密接かつ適切な連携とは?》

提供時間帯の間は必ず看護職員としてサービスを行うことを必要とはしませんので、例えば機能訓練指導員との兼務をサービス提供時間の半分をする場合は認められる場合はあります。認められない場合としては、休んだ時に電話等での連絡体制があるということだけでは看護職員としては認められません。

 

【介護保険法 第93条】

 看護師又は准看護師(以下この章において「看護職員」という。) 指定通所介護の単位ごとに、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員が一以上確保されるために必要と認められる数

 

【仕事内容はどんなことをするの?】

利用者の健康状態のチェック・記録や入浴介助・食事介助看護師を行う介護職員を補助することなどがあります。

医療関連の仕事としては、医療機関での仕事のような注射や点滴などをすることはないですが、血圧の測定や検温・消毒・湿布貼りや軟膏の塗布などがあります。

 

 

 

 

 

 


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら!(今なら無料相談実地中!)

下記のメールフォームに必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。

【注意!】携帯電話のメールアドレスをご記入の場合、パソコンからのメールの受信を拒否しない設定にしておいて下さい。

必須▼お名前

必須▼メールアドレス

任意▼電話番号(電話連絡ご希望の場合はご入力ください)

任意▼地域(大まかな所在地)

任意▼お問い合わせ種別

任意▼許可事業を開始する希望時期(許可申請の場合)

任意▼このホームページを知ったきっかけ

必須▼お問い合わせ内容

サブコンテンツ

このページの先頭へ