事前協議

事前協議

事前協議とは、介護保険の事業者になるためには人員・設備等の基準が定められているので、新規事業を始めるにあたり、役所に行き施設が基準に適合しているかを確認するために行います。

介護保険法による通所介相談事業を始めるときは、老人福祉法「老人デイサービス(通所介護)センター」であることが必要です。

 

〇新規申請では、施設の新設・改修の前に事前協議が終わっていることが前提となります。

〇事前協議が終わっていないと受理されませんので注意が必要です。

 事前協議に必要な書類は?

・通所介護・介護予防通所介護事業計画・企画書

・通所介護施設整備チェックリスト

・市町村建築確認担当課および消防署との協議書(新築以外)

・開発許可担当・建築確認担当課との協議記録

・土地および建物の図面(改修・新築)

・近隣の住宅地図等

・現況の写真

・土地および建物登記簿謄本

・賃貸借契約書の写し

        などです。

 


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら!(今なら無料相談実地中!)

下記のメールフォームに必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。

【注意!】携帯電話のメールアドレスをご記入の場合、パソコンからのメールの受信を拒否しない設定にしておいて下さい。

必須▼お名前

必須▼メールアドレス

任意▼電話番号(電話連絡ご希望の場合はご入力ください)

任意▼地域(大まかな所在地)

任意▼お問い合わせ種別

任意▼許可事業を開始する希望時期(許可申請の場合)

任意▼このホームページを知ったきっかけ

必須▼お問い合わせ内容

サブコンテンツ

このページの先頭へ