定款

定款

定款とは、会社の憲法にあたるもので、会社の手続き上必ず作成しなければなりません。社団法人および財団法人の目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則です。本

定款の作成では、法人を設立しようとする人が作成し、署名捺印します。

 

定款の記載事項は?

定款の記載事項には、「絶対的記載事項」と「相対的記載事項」と「任意的記載事項」の3種類があります。

絶対的記載事項とは、法律の規定により、定款に必ず記載する事項ですので、記載されていなければ、定款自体が無効になります。

  ≪絶対的記載事項の内容≫

  ①目的 ②商号 ③本店の所在地 ④出資される財産の価額・最低額⑤発起人の氏名・名称・住所 ⑥発行可能株式総数

 

相対的記載事項とは、法律の規定により、定款に記載しなければ効力がない事項ですので、記載されていなくても全体の有効性には影響しません。

 

任意的記載事項とは、定款外においても定めることができる事項ですので、重要な事項について明確にするものです。定款の変更手続きをしなければ、内容を変更できません。


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら


【札幌駅3分の若手行政書士事務所】札幌市内・札幌市近郊・北海道内対応!【相談無料】
(札幌市・北海道での開業・起業・立ち上げに関する相談・申請・手続きなら札幌リブレ行政書士法務事務所にお任せ!)

お問い合わせはこちら!(今なら無料相談実地中!)

下記のメールフォームに必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。

【注意!】携帯電話のメールアドレスをご記入の場合、パソコンからのメールの受信を拒否しない設定にしておいて下さい。

必須▼お名前

必須▼メールアドレス

任意▼電話番号(電話連絡ご希望の場合はご入力ください)

任意▼地域(大まかな所在地)

任意▼お問い合わせ種別

任意▼許可事業を開始する希望時期(許可申請の場合)

任意▼このホームページを知ったきっかけ

必須▼お問い合わせ内容

サブコンテンツ

このページの先頭へ